気密測定

家のポテンシャルは「気密性能」が要
「気密施工」の知識、技術修得で
家の性能が劇的に変わる

他社に先駆けていまこそ「気密施工」の知識、技術を修得して、
お客様に質の高い住まいを提供しませんか。

高気密高断熱住宅だと信じて契約した新築。
いくら暖房をしても温まらない、だから光熱費も高い、ひどい結露・・・。
その元凶は「気密性能」。
お客様が快適で価値のある住まいを手に入れたいなら
「御社の家の気密性能はいくつですか?」と質問し、
「はい、0.9ですよ。」と、
気密性能を満たした数値を即答できる住宅会社を選ぶべきです。
地域工務店様も、お客様もあまりに「気密性能」を知らない人が多い。
Kyowaエコプラスは「気密性能」を
ぜひ知ってもらいたいのです。

一生に一度の家づくり。
「気密性能」がお客様の暮らしを
大きく左右する。

自社が建築した家、設計した家の
「気密性能」を知って下さい

私たちは、会社規模を問わず住宅会社様からのご依頼を受け、多くの気密測定を行ってきました。気密性能は、断熱性能と並んで最近よく耳にする言葉になりましたが、まだまだ多くの住宅会社が自社の建築した家の「気密性能」を把握していないのが実情です。「気密性能」の高い家はメリットの宝庫。私たちは「気密測定」を実施されることを、強くお勧めしています。

「気密性能」は、いわば
建築技術の成績表

気密性能とは、要約すると「家の隙間の小ささを表す性能」のこと。隙間から熱が逃げにくく一定の温度維持がしやすい気密性と断熱性、そして換気システムの3つのバランスが必要になります。気密性能が優秀な住宅は、快適で高機能な省エネルギー性能の住宅であるとも言えます。エネルギーの無駄を少なくすることで、当然、環境負荷の軽減につながります。

「C値(隙間相当面積)」知らずして
日本の未来の住宅を語れず

隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)とは、C値とも言い、家の気密性(隙間の量)を示す指標です。家全体にある隙間面積(c㎡)を延べ床面積(㎡)で割ったもので、㎠/㎡。この数字が小さいほど気密性が高い、ということになります。JISでも定められている測定方法に則り、気密測定事業者認定を受けた会社(第三者)がその住宅を測定することで、隙間の大きさを調べることができます。

書類上の「ゼロエネルギー住宅」
「認定長期優良住宅」ではなく、
実質「ゼロエネルギー住宅」「認定長期優良住宅」
を建築できる住宅会社へ

現在、「ゼロエネルギー住宅」「認定長期優良住宅」は設計上での要件をクリアすることで認定を受けることができます。しかし大事なことは、建築において正しい知識のもと施工がなされ、想定していた恩恵に預かること、ができることです。認定をされていても気密性能が低ければ本末転倒になりかねません。同じ「ゼロエネルギ—住宅」「認定長期優良住宅」でも、その中身に大きな違いが出るのです。

実は

同じ「ゼロ・エネルギー住宅」でも、
住宅会社の施工品質
によって
大きく数値(効果)が変わります

床面積 約30坪(100㎡)の
ゼロエネルギー住宅による比較

隙間サイズによる
室内温度・空気の流れイメージ

ポイント

室内を温めれば温めるほど、
家に冷たい外気が入ってくる?

空気は温めると膨張して体積が増えます。膨張した空気は家の外に出ようとするわけですが、この時、気密性能の良い住宅であれば、温かい空気は室内に留まります。しかし、気密性能が悪い住宅の場合は、温められた空気が家の外に出ていき、また、出て行った量と同じ分だけ、家の外から冷たい空気が侵入してきます。家には「気密性能」がとても重要なのです。

「気密性能」の高い家のメリット
  • 熱ロスが少なく、
    断熱効果が向上
    冷暖房エネルギーを減少できる

  • 室内空気汚染の発生を
    防止し、健康的な環境を
    つくれる

  • 壁内部の耐久性が向上し、
    建物が長持ちする

  • 計画的な換気ができる

「気密性能」の高い家の注意点
  • 換気が十分でない場合、
    湿気がこもり結露が
    起こりやすくなる

  • 快適な室内環境を維持するため
    には換気システムとの併用が必須。そのため、定期的に24時間換気システムのフィルターの掃除、交換が必要

「気密施工」は
これからを勝ち抜く
地域工務店様の
大きな武器になり得る

高気密、高断熱。どの住宅会社も当たり前のように使っているこの言葉。「高断熱」を叶える家はできても、本当の意味で「高気密」を実践できているでしょうか?その技術を保有しているでしょうか?省エネルギー住宅・環境負荷軽減など、これからの家づくりにとって「気密施工」は重要なステータスであり、意義としても大きい技術です。他社に先駆けて取り組むことで、顧客満足度の向上はもちろん、大きな強みにつながります。

「気密測定」「気密施工」は
お任せ!
Kyowaエコプラスの充実プラン

「気密測定」「気密施工」の
知識やご経験が無くてもOK!

私たちにお任せいただければ、 ラクラク・安心して「気密測定」「気密施工」を実現できます。
御社の環境・ご要望にあったプランをご用意しています。

税抜¥40,000/式

※移動交通費は別途となります。ご了承ください。
税抜 ¥15,000〜¥50,000 × 移動1回

■サービス内容

C値 改善サービス

■詳細

計1回測定
測定には、以下の工事が完了していることが条件となります。

  • ・断熱工事
  • ・気密工事
  • ・スリーブ貫通部分周辺処理(エアコン・換気扇)
  • ・玄関、勝手口土間部分増打ち

測定中に、すき間箇所の発見を行います。
(現場管理者様・工事担当者様に加え、代表者様のお立会いをいただきますとより効果的です)
対処アドバイスとして、関連材料を持参し、ご利用方法の説明を行います。最後に評価書の作成を行い、当該住宅の気密工事の証明をします。

税抜¥80,000/式

※移動交通費は別途となります。ご了承ください。
税抜 ¥15,000〜¥50,000 × 移動2回

■サービス内容

C値 改善・最終確認サービス

■詳細

計2回測定
●1 回目
 左記、計1回測定の内容と同様

●2 回目(仕上げ工事完了時・クリーニング後)
1回目測定でクリアした目標すき間相当面積が、引き続き仕上げ工事完了後においても、性能保持がされているかの確認を行います。
測定方法は1回目と同様、最後に評価書の作成を行い、当該住宅の気密工事の証明をします。

■ご対応エリア
静岡県・愛知県・神奈川県・東京都・千葉県・茨城県・埼玉県南部
■ご対応エリア 以外
別途、お問い合せ・ご相談ください

※現地測定前の打合せ、協力会社様への測定前説明など、別途交通費がかかる場合がございますので、事前にご相談ください。

お問い合わせはお気軽に!

053-588-6767

お問い合わせフォームはコチラ

御社が培われてきた実績
×共和の「気密測定」「気密施工」
=10年先の家づくり
「Kyowaエコプラス」で
「本当に価値のある家」を

エンドユーザーに価値のある住宅をご提案できる資料・
アドバイスなどのバックアップも、すべてお任せください!